Blog&column
ブログ・コラム

訴訟の提起とは。民事訴訟のデメリット

query_builder 2022/01/01
コラム
hammer-books-law-court (1)

今回は民事訴訟のデメリットに注目してみましょう。

訴訟の提起とは
訴訟の提起とは「訴訟を起こすこと」です。
「提訴」とも言われます。

▼民事訴訟のデメリット
民事訴訟には「債権が回収できる」といったメリットがありますが、その反面デメリットもあります。

■債権を回収するまでに時間がかかる
民事訴訟では、他の債権の回収方法よりも時間がかかる傾向にあります。

判決までに1年ほどかかる場合も多いです。

ただし訴訟の提起をされたことにより、相手方が速やかに支払いに応じてくれるケースもあります。

訴訟の費用がかかる
民事訴訟を弁護士に依頼すると、それなりの費用がかかります。

判決の勝ち負けに関わらず、弁護士費用は依頼主が支払わなければなりません。

■判決を完全に予測することはできない
判決が必ずしも請求通りになるとは限りません。

もちろん優秀な弁護士に民事訴訟の依頼をすれば、過去の判例からある程度は判決の予想はできます。

■債権者との関係が悪くなる
訴訟が原因で、債権者である取引先との関係が悪化することも考えられます。

訴える前に、訴えた後にどうなるかもしっかり考えることが必要です。

▼まとめ
訴訟の提訴をするのは、必ずしも良いことばかりではありません。

「なるべく上手く訴訟を起こしたい」というかたは、港区赤坂にある森田匡貴法律事務所まで、ぜひ1度ご相談ください。

最善の解決策をご提案いたします。

NEW

  • 不動産投資の注意点

    query_builder 2021/01/19
  • ブログを発信していきます

    query_builder 2021/01/08
  • コラムを発信していきます

    query_builder 2021/01/08
  • 訴訟の提起とは。民事訴訟のデメリット

    query_builder 2022/01/01
  • 民事訴訟のメリット

    query_builder 2021/12/15

CATEGORY

ARCHIVE