Blog&column
ブログ・コラム

民事訴訟の流れは?

query_builder 2021/10/15
コラム
lawyers-judge-witness-bench

民事訴訟はどんな流れで行われるのでしょうか?

▼民事訴訟の流れ
民事訴訟の流れは以下のようになります。

■訴えを起こす
裁判所に「訴状」を提出することで訴えを起こせます。

訴状には請求の趣旨や、請求するための正当な事実などの記載が必要です。

訴えを起こす先には「簡易裁判所」と「地方裁判所」の2種類があります。

簡易裁判所は140万円以下の請求をする場合に限られます。
それ以外は地方裁判所に訴えを起こすことになります。

■口頭弁論
原告と被告の両方から、口頭による弁論を法廷で聴くことです。

原告から訴状を受け取った被告が第1回口頭弁論期日を欠席し、さらに答弁書も提出しなかった場合は、自動的に原告の主張を被告が受け入れたと見なされます。

■証拠調べ
証人尋問や書証の取り調べなどにより、原告の訴えが正しいかどうかをチェックします。

訴訟の終了
原告の請求が認められたり、訴えが取り下げられたり、双方が和解したりすると、訴訟は終了します。

▼民事訴訟の弁護士費用はどのくらい?
民事訴訟の費用は、離婚問題や交通事故など、依頼内容によって異なります。

依頼者の状況によっても異なりますが、例えば離婚問題の解決だと50万円~100万円ほどの費用がかかる場合が多いです。

▼まとめ
民事訴訟の流れには一定のルールがあります。

訴訟を起こしたい」「訴訟を起こされた」という場合は、港区赤坂の森田匡貴法律事務所まで、ぜひ一度ご相談ください。

NEW

  • 不動産投資の注意点

    query_builder 2021/01/19
  • ブログを発信していきます

    query_builder 2021/01/08
  • コラムを発信していきます

    query_builder 2021/01/08
  • 民事訴訟とは

    query_builder 2021/12/01
  • 民事訴訟でかかる弁護士費用

    query_builder 2021/11/15

CATEGORY

ARCHIVE