Blog&column
ブログ・コラム

企業間で起こりがちなトラブルとは?

query_builder 2021/09/01
コラム
buildings-architecture-downtown-city

企業間の取引では、さまざまなトラブルが起こります。

今回は企業間で起こりがちなトラブルについて見ていきます。

企業間で起こりがちなトラブル
企業間では次のようなトラブルが起こりがちです。

■売掛金に関するトラブル
売掛金を回収できない、というトラブルに巻き込まれるケースは多いです。

取引先が倒産したり、支払いを待ってもらえないかと取引先から相談されたりすることも。

■仕入れに関するトラブル
仕入れの際にもさまざまなトラブルが起こりえます。

一方的に取引量を変更されたり、取引を打ち切られたり。
仕入れ価格を急に値上げされることもあります。

納品された製品が不良品の場合もあるでしょう。

▼外国人労働者とのトラブル
企業間以外でもトラブルは起こります。

今回は外国人労働者を雇用する際に発生しやすいトラブルについて見ていきます。

■突然仕事に来なくなる
外国人労働者との意思疎通が上手くいかず、「言われていた仕事内容と違う」と、ある日突然に仕事に来なくなる場合があります。

日本でありがちな「残業」という概念を受け入れられない外国人労働者もいるようです。

外国人労働者を雇用するには言葉や文化の壁を乗り越えなくてはなりません。

■就労の許可を得ていなかった
外国人留学生を雇用するには、労働者が入国管理局で就労の許可を得ている必要があります。

許可を得ているかどうかは、在留カードに「許可」という記載が書かれているかどうかで分かります。

▼まとめ
企業間ではさまざまなトラブルが起こります。

企業間のトラブルを解消したい」というかたは、港区赤坂にある森田匡貴法律事務所まで、ぜひお気軽にご相談ください。

NEW

  • 不動産投資の注意点

    query_builder 2021/01/19
  • ブログを発信していきます

    query_builder 2021/01/08
  • コラムを発信していきます

    query_builder 2021/01/08
  • 民事訴訟の流れは?

    query_builder 2021/10/15
  • 訴訟を起こすには?

    query_builder 2021/10/01

CATEGORY

ARCHIVE