Blog&column
ブログ・コラム

宅地建物取引士になったらできることは?

query_builder 2021/06/15
コラム
architecture-building-buy-buyer

宅地建物取引士は、どんなことができるのでしょうか?

▼宅地建物取引士ができること
宅地建物取引士ができることは数多いです。

■独占業務ができる
宅地建物取引士でなければできない独占業務が存在します。

不動産売買や賃貸契約において、重要事項を書面を通じて説明しても良いのは宅地建物取引士だけです。

■年収アップできる
宅地建物取引士の資格があるのと無いのとでは年収も変わってきます。

不動産関係の会社では、宅地建物取引士の資格保持者に数万円程度の資格手当を出している場合が多いです。

例えば毎月の資格手当が3万円の場合は、年収が36万円アップする計算です。

■有利に就職や転職ができる
不動産会社では、従業員の5人に1人は宅地建物取引士を雇わなければなりません。

つまり宅地建物取引士の需要があるので、宅地建物取引士の資格を持っているだけで就職や転職が有利になります。

■他の資格試験に応用できる
宅地建物取引士の資格取得の際に勉強した内容は、不動産鑑定士や司法書士など、他の資格取得の際にも役立ちます。

■身分証明書が手に入る
宅地建物取引士になると身分証明書である「宅地建物取引士証」が手に入ります。

運転免許証のように身分証明のために使えますし、自分の実力を証明することにもなります。

▼まとめ
宅地建物取引士になると、さまざまなことができるようになります。

港区赤坂にある森田匡貴法律事務所には、宅地建物取引士を所得した弁護士が在籍しています。

不動産についてのお悩みやご相談があるかたは、ぜひお気軽にご連絡ください。

NEW

  • 不動産投資の注意点

    query_builder 2021/01/19
  • ブログを発信していきます

    query_builder 2021/01/08
  • コラムを発信していきます

    query_builder 2021/01/08
  • 訴訟と起訴の違いは?

    query_builder 2021/09/15
  • 企業間で起こりがちなトラブルとは?

    query_builder 2021/09/01

CATEGORY

ARCHIVE