Blog&column
ブログ・コラム

リーガルチェックとは

query_builder 2021/02/25
コラム
checklist-check-list-marker

リーガルチェックがきちんとできていないと、会社に大きな損失が発生する恐れがあります。

今回はリーガルチェックについて見ていきましょう。

▼リーガルチェックとは
リーガルチェックとは、「作成した契約書が法律的に問題ないか」というのををチェックすることです。

契約内容に問題があれば会社に損害が出る可能性もあるので、リーガルチェックで未然に防ぐ必要があります。

▼リーガルチェックのメリット
リーガルチェックには、さまざまなメリットがあります。

■双方が納得して契約できる
自社も他社も納得できるような契約書でなければ、なかなか合意は難しいでしょう。

弁護士にリーガルチェックを依頼することで、双方の会社が納得できる契約書に調整できます。

■自社に不利な内容を見つけてもらえる
契約書に自社に不利な内容が書かれてあっても気づかない場合があります。

そんな時でも弁護士がいれば、契約書における不利な言い回しなどを見つけてもらえるので、安心して契約に進めるでしょう。

▼リーガルチェックのデメリット
リーガルチェックには良い面が多いですが、デメリットも確認しておきましょう。

■費用がかかる
弁護士にリーガルチェックを依頼すると、もちろん費用がかかります。

リーガルチェックの費用は3~10万円ほどが一般的です。

契約書から作成する場合は5万円以上の費用がかかるでしょう。

■時間がかかる
契約書を1行1行丁寧にチェックする必要があるので、その分だけ時間がかかるでしょう。

弁護士にリーガルチェックを依頼する際は、事前に「いつまでリーガルチェックを行うか」という期限を定めておくのがおすすめです。

▼まとめ
リーガルチェックは会社が不利益を被るのを防いだり、契約が円滑に行われるのを助けたりします。

港区赤坂にある森田匡貴法律事務所では、リーガルチェックの実績が数多くあります。「契約書に不安がある」というかたは、ぜひお気軽にご相談ください。

NEW

  • 不動産投資の注意点

    query_builder 2021/01/19
  • ブログを発信していきます

    query_builder 2021/01/08
  • コラムを発信していきます

    query_builder 2021/01/08
  • M&Aの補助金について

    query_builder 2021/04/15
  • M&Aの種類について

    query_builder 2021/04/08

CATEGORY

ARCHIVE